ソフトバンク、好調牧原の6試合連続の初回安打を起点に先制 デスパがタイムリー

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(8日・ヤフオクドーム)

 好調なソフトバンクのリードオフマン牧原が、先制点の起点となった。

 初回、ロッテの先発種市が投じた初球、外角高めの147キロ真っすぐを捉えて左前打を放った。これで6試合連続で初回の第1打席で安打をマーク。今季、種市に対してはこれで6打数3安打1本塁打。好相性の相手から結果を残した。

 その後、一死一、二塁となって4番デスパイネのタイムリーで先制のホームを踏んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ