ソフトバンク武田KO 不振レアードに2ランなど4打点献上

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(8日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの先発武田が4回4失点でKOされた。

 1点を先制してもらった直後の2回2死一塁。レアードに投じた初球、外寄りのスライダーを完璧に捉えられて、左翼スタンドへ一時逆転の2ランを許した。

 2点のリードとなった直後の4回も痛打を浴びた。2死一、三塁。再びレアードに真ん中の真っすぐを振り抜かれ、中堅フェンス直撃の同点二塁打を浴び、この回限りで降板となった。

 前回1日の西武戦では6回無失点の好投で5勝目を挙げていたが、一転して精彩を欠く内容に。8月は打率1割8分7厘で2本塁打、9月に入ってもこの試合前まで7分1厘で0本塁打と不振にあえいでいたレアードを目覚めさせる形になってしまった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ