ソフトバンク川島代打で殊勲打 左肩痛から復帰後驚異の打率

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-6ロッテ(8日・ヤフオクドーム)

 代打出場したベテラン川島が同点打を放った。1点を追う7回1死二塁で登場すると、松永のスライダーを左前に運んだ。「絶対打つという気持ちだけだった」。

 明石が逆転打を放った直後の8回2死二塁では2打席連続の適時打となる二塁打を放ち、リードを3点に広げた。左肩痛から8月中旬に復帰後は10打数6安打の打率6割と、存在感は際立つばかりだ。


 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ