故障に泣いた福岡大・上原、4年秋の初勝利 もう一度神宮へ

西日本スポーツ

 ◆九州六大学野球秋季リーグ第2週第2日 九州大0-9福岡大(9日・筑豊緑地野球場)

 福岡大の右腕上原が7回を被安打2、無失点に抑え、リーグ戦初勝利を挙げた。2回から6回まで無安打。二塁を踏ませず「テンポを意識して、いけるところまでと思って投げた」といい、初勝利に「やっぱりうれしいです」と顔をほころばせた。昨年まで故障に苦しみ、今春のリーグ戦でのベンチ入りが見えていたが、開幕前に打球を受けて左手有鉤(ゆうこう)骨を骨折。6月の全日本大学選手権2回戦、城西国際大戦が公式戦初登板だった。「全国はすごく楽しかった。また投げたい」と大学最後のシーズンで明治神宮大会での登板を目指す。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング