西南大の連勝呼んだ「矢野・兵頭」のコンビ芸

西日本スポーツ

 ◆九州六大学野球秋季リーグ第2週第2日 西南大3-2九国大(9日・筑豊緑地野球場)

 九州六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社など後援)第2週2日目は9日、福岡県飯塚市の筑豊緑地野球場で3試合を行い、2季ぶりの優勝を目指す西南大が九国大に3-2で競り勝って2連勝した。2回に矢野駿典(2年・龍谷)、4回は兵頭光稀(1年・武田)がそれぞれ同点ソロを放ち、8回の勝ち越しにつなげた。福岡大は九州大に9-0で快勝。リーグ戦で先発が2度目の上原幸真(4年・鹿児島城西)が7回を無失点に抑えてリーグ戦初勝利を挙げた。北九大は8-1で久留米大を破って2連勝。西南大、福岡大、北九大が3勝1敗で首位に並んだ。

■水本V打 九国大に連勝

 お笑いコンビじゃありません! 西南大の「矢野兵頭」コンビがそろってソロアーチを放ち、大きな1勝をもたらした。まずはリーグ戦初スタメンの矢野だ。本塁打で1点を先制された直後の2回1死、右翼席にたたき込んで同点とした。「三振しないように、どんな球でも振り切ろうと思った。手ごたえは十分あった」。広島県出身の兵頭は、同郷で憧れのソフトバンク柳田ばりのフルスイングで初アーチだ。

 矢野は春は打率3割6分4厘でベストナイン。今季開幕前から調子が上がらずバットを替えてリーグ戦に臨んだが、8日までの3試合で4打数無安打と結果が出なかった。「もう一度春のバットに戻してみたら打てた」と原点回帰で今季初安打を今季初アーチにした。

 再びソロ本塁打でリードを許した4回は、先頭打者の兵頭が右越えのソロを放って、またすぐに追いついた。「真っすぐが続いたので次は変化球」という読み通り、スライダーを打ち返した。

 九国大に2連勝して首位を守り「本塁打でリードされたのを、本塁打で返したのは大きかった」と東和樹監督は2人の活躍に目を細めた。明治神宮大会出場がチームの目標。8回に勝ち越し打を放った3番の水本大志(4年・筑紫台)は「春は九国大に2連敗していたので、お返しできてよかった。この流れに乗っていきたい」と上昇の手応えを感じている。チームに笑いではなく勢いをもたらした「矢野兵頭」コンビも、さらなる活躍を目指す。 (前田泰子)

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ