ソフトバンク松田宣 意地の2点打

西日本スポーツ

7回1死、中前打を放つ松田宣 拡大

7回1死、中前打を放つ松田宣

 ◆ソフトバンク6-11ロッテ(9日・ヤフオクドーム)

 松田宣が一時3点差に迫る2点二塁打で意地を見せた。5点ビハインドの4回2死一、二塁。「点差があったけど、1点ずつ返せるようにと思った。チャンスだったので積極的にいった」と、二木の初球のフォークに食らい付いて右中間へ運ぶと、右翼のマーティンが打球をはじいたこともあって走者2人が生還した。松田宣は7回にも中前打を放ち、4日の楽天戦以来5試合ぶりのマルチ安打をマークした。

PR

PR

注目のテーマ