ソフトバンク牧原、自打球もん絶も8戦連続H

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-11ロッテ(9日・ヤフオクドーム)

 牧原が8戦連続安打となる適時打をマークした。7回2死一、二塁で酒居の6球目のフォークを中前へ運んだ。直前の5球目は右膝に自打球を当て思わずもん絶したが、「問題ない。チャンスで打ててよかった」ときっぱり。第1打席は投ゴロに倒れ、9月3日楽天戦から続いていた初回の先頭打者安打は6試合でストップしたが、9月の月間打率は3割と好調をキープしている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ