今季初の首位浮上へ西武が先制 森が3点二塁打

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 西武の森友哉捕手(24)が、先制の走者一掃3点二塁打を放った。3回2死満塁。高橋礼の初球を引っ張り、右翼線を破ると、走者3人を迎え入れた。「打ったのはシンカーです。低めをうまく打つことができました。大事な一戦で大きなチャンスで回してもらったので気合が入りました」としてやったりの表情を浮かべた。この日、8月の月間MVPにも初選出が決定。打率リーグトップを走る森が、勝てば今季初の首位浮上となる大一番で貴重な一打をマークした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ