ソフトバンク高橋礼は6回降板 “レオキラー”先制献上悔やむ

西日本スポーツ

 ◆西武-ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 0・5ゲーム差で迎えた首位攻防2連戦の初戦の先発を託されたソフトバンクの高橋礼が3回につかまった。先頭の山川にこの試合の初安打を許し、安打と四球で1死満塁に。源田は一ゴロに抑えて2死満塁にしたが、森に走者一掃の二塁打を浴びた。

 4、5、6回はゼロで抑えて降板。西武戦今季4勝の“レオキラー”に白星はつかず、「点を取られた回はボール球を使ったり、リズムを変えたりして、投球に変化をつければ良かった」と悔やんだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ