増田通算100セーブ締め 西武が今季初の首位

西日本スポーツ

 ◆西武4-1ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 西武の増田達至投手(31)が、プロ野球史上32人目の通算100セーブを達成した。3点リードの9回に登板し、今季27セーブ目をマークした。

 プロ初セーブは2015年9月8日のオリックス戦(西武プリンス=現メットライフ)。通算成績は368試合に登板、19勝26敗100セーブ85ホールド。守護神が締めくくった西武は130試合目でついに今季初の首位に立った。

PR

PR

注目のテーマ