ソフトバンク甲斐野5戦ぶり失点 山川に「投げきれなかった」

西日本スポーツ

 ◆西武4―1ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 甲斐野が自身の9月初失点を悔やんだ。

 2点を追う8回に3番手で登板。1死から連続四球で一、二塁として、山川に中前適時打を浴びた。チーム最多の58試合登板とフル回転を続けるルーキー右腕にとって登板5試合ぶりの失点。終盤に点差を広げられた適時打を「得点圏(に走者を背負った状況)で山川さんに(厳しい球を)投げきれなかった」と悔しそうだった。

PR

PR

注目のテーマ