ソフトバンク高橋礼粘投も4敗目 工藤監督かばう

西日本スポーツ

3回2死満塁、西武・森に先制3点打を浴びた高橋礼 拡大

3回2死満塁、西武・森に先制3点打を浴びた高橋礼

高橋礼の今季西武戦登板成績

 ◆西武4―1ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 先発の高橋礼が試合前まで今季4勝1敗と相性のいい西武戦で期待に応えられなかった。

 3回2死満塁で森に低めの変化球をすくわれ、右翼線への走者一掃先制二塁打とされた。「絶好調の打者なので、ワンバウンドでもいいつもりで投げればよかった。相手の集中力が上だった」。リーグ首位打者の巧みな打撃で今季4敗目を喫したものの、全体では6回、102球を投げて被安打5、3失点と粘りを発揮した。工藤監督も「得点能力の高い西武打線を3点というのは、許容範囲というか、いい投球だった」とかばった。

PR

PR

注目のテーマ