「いつもと配球が違ってた」/工藤監督一問一答 9.11西武戦

西日本スポーツ

帰りのバスへ向かう工藤監督 拡大

帰りのバスへ向かう工藤監督

 ◆西武4―1ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 -高橋礼は6回3失点。

 「いいピッチングをしていたし、あの回(3回)だけ。森君がうまく打った。低めの球だしね。いい調整もできていたと思うし、ボールの走りも良かった。(甲斐)拓也もそういうところをうまく使いながらやっていた。得点能力の高い西武を3点というのは許容範囲というか、いいピッチングだと思う」

 -ニールに苦戦。

 「いつもと配球が全然違ってたみたいで、合わせるのに時間がかかった。中盤から安打は出るようになったが、残念ですね」

 -ビハインドでも勝ちパターンの継投。

 「この2試合はビハインドでもリリーフに頑張ってもらって、いい試合、勝てる試合をやれるように頑張ります」

 -12日は余計に重圧がかかる。

 「明日で終わりではない。明日は明日で勝てるように力を合わせてやるだけです」

PR

PR

注目のテーマ