ソフトバンク森「M気にしない」役割果たす31セーブ

西日本スポーツ

なんとか最後を締めて抱き合う森(左)と甲斐のソフトバンクバッテリー(撮影・伊東昌一郎) 拡大

なんとか最後を締めて抱き合う森(左)と甲斐のソフトバンクバッテリー(撮影・伊東昌一郎)

 ◆西武2-3ソフトバンク(12日・メットライフドーム)

 森が千賀の好投を勝利に結びつけた。

 2点リードの9回に登板。1死から中村にソロ本塁打を許したが、後続を断ちきり今季31セーブ目を挙げた。「こういう(優勝マジックがつく)試合で投げられて、楽しくやれた。マジックは気にしない。残り試合すべて勝てるように、一戦ずつやっていく」。9月だけで既に5セーブを挙げるなど、守護神としての役割を果たした。

PR

PR

注目のテーマ