世界柔道Vの素根、母校で700人に金メダル披露

西日本スポーツ 末継 智章

 柔道女子78キロ超級の素根輝(環太平洋大)が12日、母校の南筑高(福岡県久留米市)で世界選手権の個人戦初優勝を報告し、在校生約700人に金メダルを披露した。江頭彰校長らから花束を渡されると「みなさんの応援が力になりました」と感謝。来年の東京五輪での金メダルも誓った。

 素根は帰郷した11日に南筑高で練習を再開し、12日は4分1本の乱取りを15本も行うなど早くもエンジン全開だ。「一気に負荷をかけた方が調子は戻る。次の大会に向けて一層、努力したい」と、優勝すれば五輪代表に内定する可能性もある11月のグランドスラム大阪大会へ視線を向けた。同市役所でも大久保勉市長に優勝を報告した。 (末継智章)

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ