「いやもうすごかった」/工藤監督一問一答 9.12西武戦

西日本スポーツ

西武最終戦を終えスタンドへあいさつに向かう工藤監督(中央) 拡大

西武最終戦を終えスタンドへあいさつに向かう工藤監督(中央)

 ◆西武2-3ソフトバンク(12日・メットライフドーム)

 -千賀が好投。

 「いやもうすごかったですね。落ち着いて投げているように見えたし、素晴らしいピッチングだった。本当、この大きな試合の中でよく投げてくれた」

 -7回のピンチで連続三振。直後の先制につながった。

 「ピンチの後にチャンスありと言いますけど、そのピンチを切り抜けるというのはさすがだと思う。西武打線をあそこで無失点に抑えるというのはなかなかできることではない。本当たいしたもの」

 -残り12試合もしびれる試合が続く。

 「本当にそうだと思います。もうどっちが我慢できるか、どっちが耐えて勝つことができるか。とにかく僕らは一試合一試合、頑張っていく」

 -マジック「12」が点灯。

 「マジックとかそういうことよりも、12試合で12なんで。一つも負けられない試合が続く。とにかく目の前の試合、それ以外、考えないようにやっていきたい」

PR

PR

注目のテーマ