秋山20号2ラン 西武11年ぶり5選手20発以上

西日本スポーツ

 ◆西武6-1ロッテ(13日・メットライフドーム)

 11年ぶりの20発クインテットが完成した。6回2死二塁。秋山が右翼席への20号2ランを放った。「松本航が頑張っていたので追加点になる一本が出て良かった。19よりは20。選手それぞれに数字への思いがあるので出て良かった」。自身3年連続の20本到達を決め、2008年(中村、ブラゼル、G・G・佐藤、中島、ボカチカ)以来となるパ・リーグタイ記録のチーム20本塁打以上が5選手(山川、中村、外崎、森、秋山)となった。リーグ史上7度目だ。

 秋山はいずれも先頭で初回に中前打、3回に左翼線二塁打を放ち、得点機を演出した。サイクル安打のかかった8回は一ゴロに倒れたが、「三塁打が簡単に出るとは思っていない。遠くに飛ばそうとしてバッティングが崩れることもあるので気にしていない」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ