キーマンは柳田、松田宣、内川 残り12戦 挑戦者の気迫で/池田親興氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の池田親興氏 拡大

西日本スポーツ評論家の池田親興氏

 ソフトバンクは残り12試合でマジック12。13日にロッテに勝った西武とのゲーム差はなくなった。引き分け数の関係で、ゲーム差ゼロでも勝率が上回るため、数字上ではソフトバンクがわずかに有利。ただ、それだけだ。何勝何敗でゴールテープを切れば、優勝する-。そんな星勘定をしていると、加速する西武に追い越される。目の前の試合を全部勝つんだという気迫がなければ、優勝はつかめない。昨季の覇者は西武で、ソフトバンクは挑戦者。その気持ちで臨んでもらいたい。

 残り11試合の西武は楽天戦が5試合、ロッテ戦が4試合。3位を争うモチベーションの高い2チームと9試合も戦う。一方、ソフトバンクは残り12試合で、日本ハム戦が5試合、オリックス戦が5試合。目標のなくなった5、6位のチームが相手だ。ただ、これも計算すると、痛い目に遭う。相手どうこうではなく、自分たちがどう戦うかが、大切だ。

 そのラストスパートの鍵を握るのが、やや状態が落ち気味の打線だ。集中力の高いデスパイネ、グラシアルは、それほど心配する必要はない。打てばチームに勢いを運んでくる柳田、松田宣、内川がキーマンになる。彼らには「誰かが打てばいい」なんて考えてもらいたくない。「俺が打つんだ」という気持ちで臨むべきだ。特に状態の良くない柳田を1番に起用してもいいのではないか。足の状態も考慮する必要もあるが、打席に多く立たせるという意味も含めてトップバッターに推したい。

 何が何でも塁に出て、どんな形でもいいから得点する。最後の最後に訪れた西武とのマッチレース。直接対決はなくても、ここからは全試合、打って勝つという気概で戦ってほしい。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ