ソフトバンク武田が4回急変 2四球などで無死満塁として降板

西日本スポーツ

4回無死満塁、降板する武田 拡大

4回無死満塁、降板する武田

 ◆日本ハム-ソフトバンク(14日・札幌ドーム)

 ソフトバンクの先発武田が4回途中で降板を告げられた。

 3回までは無失点で切り抜けたものの、1点リードの4回先頭の4番中田にストレートの四球。続く渡辺には、追い込んでから投じたフォークボールを捉えられ中前へ運ばれた。

 6番清宮にも2球で追い込んでから四球を献上。無死満塁のピンチを招いてしまい、たまらず工藤監督もタオルを投げ込んだ。

 2番手嘉弥真は平沼を内角高めへのスライダーで捕邪飛、続く宇佐見は初球の低め真っすぐで遊飛。2死までこぎつけたが、中島には押し出し四球を与えて同点に。それでも、西川は内角へのスライダーで見逃し三振に仕留めて1点にとどめた。

 その後、ソフトバンクは5回にグラシアルの適時打で再び勝ち越した。

PR

PR

注目のテーマ