西武、メヒアで決めた延長サヨナラ勝ち 国場プロ初勝利

西日本スポーツ

 ◆西武4-3ロッテ(14日・メットライフドーム)

 ソフトバンクと激しく優勝を争う西武がサヨナラ勝ちで2連勝を飾った。

 2点リードの9回、守護神の増田がレアード、岡の連続適時打で追い付かれた。それでも打線は10回1死、中村が四球で出塁すると、途中出場のメヒアが2ボールから東妻の高めの変化球を捉え、センターへのサヨナラ二塁打とした。

 10回の1イニングを3人で抑えた4年目の国場がプロ初勝利。辻監督は「若い投手がこういうしびれるような試合で投げることで、自信をつけて思い切り投げてくれれば」と期待していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ