ソフトバンク、マジック11に 勝負強いぞ、グラシアル決勝打

西日本スポーツ

5回2死二塁、右前適時打を放つグラシアル 拡大

5回2死二塁、右前適時打を放つグラシアル

 ◆ソフトバンク3-1日本ハム(14日・札幌ドーム)

 ソフトバンクが日本ハムに競り勝って2連勝とした。2位の西武がロッテにサヨナラ勝ちし、ソフトバンクの2年ぶりの優勝へのマジックナンバーは一つ減って「11」となった。

 3回に有原の暴投で1点を先制。ところが先発の武田が4回に突如乱れて2四球などで無死満塁のピンチを招き降板。それでも、2番手の嘉弥真が好リリーフを見せて、1点にとどめた。

 直後の5回2死二塁でグラシアルが「追いつかれてすぐのチャンスで走者をかえせてよかった」と、外寄りの真っすぐを逆方向の右前に運ぶ勝ち越し打。6回には松田宣が29号ソロを放って貴重な追加点を挙げた。

 終わってみれば6投手の継投で日本ハム打線の反撃を許さず、敵地での3連戦初戦を白星で飾った。

 ヒーローインタビューは12日の西武戦での先制弾に続く活躍を見せたグラシアル。「大事な場面で得点に絡めてよかった。明日以降も100パーセントの力を出し切る」と誓った。

PR

PR

注目のテーマ