山田兄弟が準決 九州王国再興へ

西日本スポーツ

レース直後で勝ち上がれたかどうか分からないままローラーでクールダウンする山田庸平 拡大

レース直後で勝ち上がれたかどうか分からないままローラーでクールダウンする山田庸平

 九州勢は2日目まで1勝もできていないが、準決勝へは4人を送り込んだ。まずは山田英明だ。7Rの2予B、赤板から打鐘にかけ、さすがの位置取りで3番手を確保。しかし「重かった。自転車が出なかった」と捲りは打てず。3半から追い込んで直線で抜け出そうとしたが、柴崎淳の8番手捲りを許して2着での進出となった。初日は6着でギリギリの勝ち上がりで、ここも1着チャンスを逃しただけに「何とかしがみついている感じです」と厳しい表情。「今年はパっとしない。少しでも上に上がりたい」。もどかしさを感じながらも、ハングリーな眼差しの鋭さはむしろ増している。2年連続の決勝切符へ、準決10Rで全力を尽くす。

 5着なら勝ち上がる2予Aに出場した九州3人衆は全員が準決に進んだ。10Rの山崎賢人は堂々と先行した。「出切ってからは自信を持って走れた」と誰にも捲らせない快走。最後は番手の金子貴志らに差され3着だったが、「初日よりもいい。調子が上がってきている」と胸を張った。

 11Rは中川誠一郎が終4角8番手のピンチを豪脚で切り抜けた。直線だけで3車を抜いて5着。「感じは悪くない。オールスターよりずっといい」と手応えを口にした。

 12Rは5着争いが接戦。6着の坂口晃輔にタイヤ差先着した山田庸平は、着順が分からないままローラーでクールダウンを続けた。5着の知らせを聞いても大きく喜ぶことなく、「マークした宮本君が強くて、まだまだ脚力が足りないと感じた」と冷静。準決は11Rで中川と連係するが、志願の前回り。これまで磨き続けてきた自力自在の立ち回りで、ビッグレース初の決勝へ-。そこには、兄弟初連係の可能性も十分だ。

PR

PR

注目のテーマ