大村ボートの外向前売発売所がリニューアル

西日本スポーツ

 大村ボートの外向前売発売所「ブルードラゴン」は14日、本場に隣接するロイヤルスタンド棟1階にリニューアルオープンした。オープニングセレモニーには大村市の園田裕史市長ら関係者約70人のほか、一般来場者160人が集まり盛大に行われた。園田市長は「外向発売所は大村ボートだけではなく、他場のため、ボート業界のためにも貢献したい」とあいさつ。従来の施設と比べスペースは約2倍となり、発売場数も8場から10場へと増えたほか、有料指定席も新設。また、入り口側にはコンビニエンスストアが併設された。早朝から他場のレースを楽しみ、本場のナイターレースが始まればすぐに移動できるなど、利便性が向上した。

 「ブルードラゴン」の営業時間は午前10時~午後9時ごろまで(一部午前7時30分開場)。一般席131席、有料指定席40席(うち車いす席が1席)。年間営業日数は約360日、1日の売上目標は1100万円、入場者数は1日平均600人を見込んでいる。

PR

PR

注目のテーマ