ソフトバンク武田「リズム悪かった」 3回0/3、1失点

西日本スポーツ

4回無死満塁、降板しベンチに向かう武田 拡大

4回無死満塁、降板しベンチに向かう武田

 ◆日本ハム1―3ソフトバンク(14日・札幌ドーム)

 先発の武田が4回に無死満塁のピンチを招いて降板した。初回から毎回走者を背負い、4回は中田に四球を与えると、渡辺の中前打を挟んで清宮も歩かせ、2番手の嘉弥真にマウンドを譲った。この回は嘉弥真が最少失点でしのいだものの、4四球と制球に苦しんだ右腕は「リズムの悪い投球だった。大事な試合で先発としての仕事ができず、チームに申し訳ないです」と猛省した。

PR

PR

注目のテーマ