ソフトバンク逆転負け 勝ちパターン崩れマジック消える

西日本スポーツ

8回1死満塁、日本ハム・清宮に勝ち越しの2点右前打を浴びた甲斐野 拡大

8回1死満塁、日本ハム・清宮に勝ち越しの2点右前打を浴びた甲斐野

 ◆日本ハム7-5ソフトバンク(15日・札幌ドーム)

 序盤に4点をリード。8回を任せてきたモイネロを6回途中から投入するほど絶対に勝ちたかった一戦に敗れた。

 「これからも変わらずに戦っていく」。前向きな言葉とともに工藤監督が札幌ドームを離れた直後、西武がロッテにサヨナラ勝ち。マジックを減らすどころか、逆に西武にマジックを点灯させてしまった。

 和田が6回に2点差に詰め寄られ、無死三塁で降板。嘉弥真は近藤を左飛に封じるも、続く高橋純が中田に中前適時打を許した。1点リードの8回は甲斐野が同点とされ、なお1死満塁で清宮に勝ち越し打を浴びるなど、4点を失った。

 新人の甲斐野はここまでチーム最多の60試合に登板し、フル回転で救援陣を支えてきた。「相手の勢いを止められなかった。こんな大事な試合で、1年目だからということは許されない」と自らを責めた。

 西武のマジックは9。残り試合数はソフトバンクが10、西武が9。負けられない試合が続く。

PR

PR

注目のテーマ