猛省しかない「酷な質問」/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ 長浜 幸治

ソフトバンク・東浜 拡大

ソフトバンク・東浜

 取り返しのつかない行動を取ってしまった。先日、筑後のファーム施設で練習を終えた東浜に声を掛けた。「千賀投手のノーヒットノーラン、すごかったですね」。沈黙が少し続いた後、こう返ってきた。「酷な質問ですね」。東浜の心情を考えるとまさにその通りだと気付き、猛省した。

 今季開幕投手の座を争った2人は明暗が分かれた。ノーヒッターとして球史に名を刻んだ千賀はエースの称号を手にした。東浜は右肘手術からの復活を目指してトレーニングに励む毎日。2年前の最多勝右腕は優勝争いを続けるチームに身を置けない悔しさを感じているだろう。

 東浜によると右肘の状態は「徐々に良くなってきている」という。それでも現実的にはポストシーズンを含めても今年中の復帰は厳しいとみられる。失礼な質問をした後の私の取材にも東浜は誠実に対応してくれた。頭が下がる真摯(しんし)な態度に、記事で応えたいと心から思った。 (長浜幸治)

PR

PR

注目のテーマ