ソフトバンク先発ミランダが4回途中3失点KO

西日本スポーツ

4回途中、降板するミランダ 拡大

4回途中、降板するミランダ

 ◆日本ハム-ソフトバンク(16日・旭川)

 ソフトバンクの先発ミランダが早々にKOされた。

 立ち上がりの1死一、二塁のピンチは4番中田を二飛、5番渡辺を右飛に仕留め、何とか無失点で切り抜けた。

 ところが3回は先頭の中島、西川に連打で無死一、二塁。大田を三ゴロ併殺で2死三塁としたが、近藤に右前適時打を許して先制点を献上した。

 4回も立ち直れない。先頭の清宮に中前打を浴びると、犠打を決められ1死二塁。ここで前日15日に札幌ドームで行われた一戦でも、本塁打をマークしていた清水に痛打された。2球で追い込んでからの3球目、甘いフォークボールを捉えられて左翼席へ放り込まれる2ランを許した。

 さらに中島にも左前打を浴び、工藤監督もたまらず交代を告げた。

PR

PR

注目のテーマ