西武マジックの行方は? カモメキラー本田6失点KO

西日本スポーツ

 ◆西武-ロッテ(16日・メットライフドーム)

 西武の本田圭佑投手(26)が6回途中6失点でKOされた。試合前まで今季のロッテ戦では4戦4勝、防御率1・67と抜群の相性。4回まで無失点に抑えたが、2点リードの5回1死から藤岡に右越えソロを浴びて1点差とされた。そして6回、先頭のマーティンに右前打で出塁を許したのをきっかけに、清田の同点打、続く田村の勝ち越し2点打などロッテ打線の猛攻に遭い、一挙5失点。5回1/3を被安打8、6失点でマウンドを降りた。「調子は悪くありませんでした。6回にピンチをつくって失点してしまったことが悔やまれます。もったいなかったです。あの回は先頭打者を出してしまい、その後も打たれてしまったことで、相手の流れにしてしまいました。(マジック9での先発だったが)そこは特に意識することなく試合に入ることはできたと思います」とコメントした。

 このまま西武が敗れ、ソフトバンクが勝つと、再びソフトバンクにマジックが点灯する。

PR

PR

注目のテーマ