西武、大敗もマジック「8」 カモメキラーKOもタカもお付き合い

西日本スポーツ

6回1死、四球を与え一、二塁とし座り込む西武・本田(左)。この後、交代を告げられる(撮影・安藤由華) 拡大

6回1死、四球を与え一、二塁とし座り込む西武・本田(左)。この後、交代を告げられる(撮影・安藤由華)

 ◆西武3-9ロッテ(16日・メットライフドーム)

 西武が逆転負けで、連勝が3でストップした。ロッテ戦の連勝も8で止まった。ただ2位のソフトバンクも敗れたため、西武の優勝へのマジックは一つ減って「8」になった。

 西武は2回に山川の右中間2点二塁打で先制。だが試合前まで今季ロッテ戦で4勝0敗、防御率1・67と抜群の相性を誇っていた先発の本田が1点リードの6回に清田の左前同点打、田村の中前勝ち越し2点打など4安打を集中され、5回1/3、被安打8、6失点でKO。2番手の野田も抑えられず、この回だけで打者11人、6点の猛攻を許した。

 西武打線は7回に森の適時打で1点を返すのが精いっぱいだった。

PR

PR

注目のテーマ