西武、微妙な判定に泣く 辻監督、木村に「達川さんの爪のあかもらえ」

西日本スポーツ

 ◆西武3-9ロッテ(16日・メットライフドーム)

 西武の反撃ムードが微妙な判定でしぼんだ。4点を追う8回2死一、二塁。2球で追い込まれた木村は、内角高めの球にバットが出かかった。球は田村のミットに収まり、本田球審はファウルチップで空振り三振の判定。木村が死球を主張したため、辻監督がリクエストを要求したが、リプレー検証の結果、判定は覆らなかった。

 試合後、木村は「小指に当たった」と強調。辻監督は「小指が赤くなっていた。手袋を外して見せれば良かった。木村は真面目だからね。当たった時に『痛い』って言えばいいのに。(死球をアピールすることが十八番の)達川さんの爪のあかでももらってこい。死球なら1死満塁だからね。あれでしぼんでしまった」と冗談交じりに振り返った。

PR

PR

注目のテーマ