日本率いたエディー イングランド代表でも宮崎キャンプ

西日本スポーツ 古川 剛光

 20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)に出場するイングランド代表の公認キャンプ地の宮崎市で16日、ウエルカムセレモニーがあり、河野俊嗣知事らが激励した。チームは地元開催の前回W杯で初めて1次リーグで敗退する屈辱を味わい、今回は巻き返しを図る。選手代表のマロ・イトジェが「宮崎は最高のキャンプ地。いい力を与えてくれた」と語り、16年ぶりの優勝を誓った。

 宮崎県庁であった式典には、前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ監督や選手31人らが出席。ラグビーの国際統括団体「ワールドラグビー」のボーモント会長と、日本ラグビー協会の森重隆会長があいさつし、大会出場を記念したキャップとメダルを選手たちに手渡した。

 ジョーンズ監督にとって宮崎は、日本代表を率いた前回W杯前にも拠点を置き、歴史的快挙の3勝をもたらした地。河野知事は「宮崎は勝利のための練習場所。心から勝利を祈っています」とエールを送った。(古川剛光)

PR

PR

注目のテーマ