ソフトバンク甲斐野2戦7失点も工藤監督「信頼変わらない」

西日本スポーツ 倉成 孝史

7回の守備前、選手交代を告げベンチに戻る工藤監督 拡大

7回の守備前、選手交代を告げベンチに戻る工藤監督

6回2死一、二塁、日本ハム・近藤に2点打を浴びた甲斐野 マジックあすはこうなる 今後の日程

 ◆日本ハム7-2ソフトバンク(16日・旭川)

 再奪首ならず-。ソフトバンクが北の大地で5位日本ハムに連敗を喫した。

 2-7の完敗。この日、西武がロッテに大敗する中、3連打で5点差に迫った直後、8回降雨コールドで敗れた。首位浮上を逃した上、ライバルのマジックを減らす痛恨のアシスト。投手陣が次々と失点し、計7点を失って敗れた。明日18日から本拠地4連戦に臨む。残り9試合の先に待つのは、2年ぶりV奪取か、それとも2年連続のV逸か。シナリオのないマッチレースのゴールが近づく。

■先発ミランダ4回持たず

 無死からの3連打で1点を返し、なおも無死一、二塁の好機をつくった8回、無念のゲームセットが告げられた。試合途中から断続的に降っていた雨が強くなり一時中断。11分後、主審が降雨コールドをコールした。運にも見放され、5位日本ハムに痛すぎる連敗。西武が先にロッテに敗れる中、お付き合いの黒星で宿敵のマジックを一つ減らしてしまった。

 無念の「強制終了」にも、工藤監督は「相手(西武)のことより、自分たちの野球をしっかりやれれば勝てる。そういう思いで一試合一試合やることが大事」と、切り替えを強調した。ただ、その表情はさすがに険しい。攻撃は残り2イニングで点差は5点あっただけに、仮に降雨コールドとなっていなくても敗戦は濃厚だった。指揮官の顔を曇らせたのは、終盤まで相手に大量リードを許す要因となった「投壊」だ。

 先発ミランダが3回に無死一、二塁から大田を併殺打に仕留めながら、近藤に適時打を浴びてあっさり先制点を失った。4回には先頭の清宮に中前打を許すと、8番清水に2ランを被弾。続く9番中島にも簡単に安打を浴び、助っ人左腕は早々と降板。ただでさえ登板過多気味の救援陣に頼る展開となった。

 そこから嘉弥真、5回は松田遼が無失点でしのぎながら、2点差に迫った6回に落とし穴が待っていた。回またぎの松田遼が1死から明石の失策と西川への四球で一、二塁となって指揮官は甲斐野へスイッチ。逆転負けした前日15日に1点リードの8回に自己ワーストの4失点を喫したルーキーを「早く悔しい思いを晴らさしてあげたいという思いもあった」と送り出した。

 だが、その新人右腕は工藤監督の思いに応えられない。続く大田に左前打。グラシアルの好返球で得点は防いだが、続く2死一、二塁から近藤に右翼フェンス直撃の2点三塁打を浴びた。さらに中田にも適時内野安打を許し降板すると、代わった泉も連打で失点。59試合目の登板まで2失点がワーストだった甲斐野は、4失点した15日に続く3失点となった。

 「同じことを繰り返してしまった。プロとしてやってはいけないこと。チームに迷惑をかけてしまった」とうなだれた甲斐野。それでも工藤監督は「今日はこういう結果になったけど、そこの信頼は変わらない」と強調。続けて「終わったら次の試合。勝っても負けても、次の試合をみんなで切り替えてやっていく。それしかない」と力を込めた。残りは9試合。指揮官の言葉通り、後ろを振り返っている暇はない。 (倉成孝史)

PR

PR

注目のテーマ