ソフトバンク泉 自己最速153キロ 再昇格後初登板

西日本スポーツ

 ◆日本ハム7-2ソフトバンク(16日・旭川)

 ドラフト6位右腕の泉が、11日の再昇格後初登板で自己最速の153キロをマークした。甲斐野の後を受け、5点ビハインドの6回2死一塁に登板したが、渡辺に右前打を浴びると、清宮にはツーシームを右前適時打にされた。「甲斐野の出したランナーをかえしたくなかったので、申し訳ない」と反省した一方で、続く石井から見逃し三振を奪った直球は153キロをマーク。7回までの1回1/3を無失点で終え「最速が出たのは良かったので、次につなげたい」と話した。

PR

PR

注目のテーマ