再加速の鍵は2人の右腕/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ 山田 孝人

2軍戦で5回2/3を2失点に抑えたバンデンハーク。1軍復帰に向けて順調ぶりをアピールした=9月12日 拡大

2軍戦で5回2/3を2失点に抑えたバンデンハーク。1軍復帰に向けて順調ぶりをアピールした=9月12日

筑後のファーム施設で汗を流した石川=9月5日

 激しさが日に日に増しているパ・リーグのペナント争い。

 昨季のリーグ王者西武とのマッチレースに臨んでいるソフトバンクも、厳しい戦いを強いられている。先発陣も楽な状況ではない。そんなシーズン大詰めに待望の右腕が帰ってこられそうだ。右肘痛で2軍調整中のバンデンハークだ。

 開幕前は工藤監督が先発陣の柱の一人として期待を寄せていた存在。ただ春季キャンプ中に患った腰痛で出遅れ、その後は右肘も痛めた。今季の登板は1試合のみ。思うようにいかない1年だが、12日のウエスタン・オリックス戦では先発して5回2/3を5安打2失点。調整は順調な様子だ。

 その他にも昨季13勝をマークして、チームの勝ち頭となった石川もレギュラーシーズン中の復帰を目指し、急ピッチで調整を進めている。残りは9試合。最後の最後までもつれそうな戦いだが、2年ぶりの頂点を狙う工藤ホークスには、再加速を仕掛けられるだけのピースがまだ残っている。 (山田孝人)

PR

PR

注目のテーマ