木下と大上 好素性機ゲット ヤングダービー 【三国】

西日本スポーツ

 30歳未満のヤングレーサーが覇を競う、三国ボートのプレミアムG1「第6回ヤングダービー」(優勝賞金1100万円)が18日、開幕する。現在、三国は飛び抜けたエース機はなく、上位機はだんご状態。ドリーム組では木下翔太と大上卓人が好素性機をゲット。大上は調整が必要だが、木下は額面通りの好感触。1枠の上條暢嵩は低勝率機だが、下がることなくひと安心。予選組では、中村晃朋と木村仁紀の111期コンビや、西川昌希、板橋侑我ら良機を獲得した面々の動きが光った。前検一番時計の佐藤隆太郎に、松山将吾、渡辺優美も好ムード。唯一の地元選手・今井美亜は平凡機。動きもひと息で立て直しを急ぐ。

PR

PR

注目のテーマ