西武ニールでV2加速 7連戦先陣 自身10連勝狙う

西日本スポーツ 小畑 大悟

■中5日登板も

 優勝マジック8が点灯中の西武のザック・ニール投手(30)が17日、V2の使者となることを誓った。7連戦の頭となるきょう18日のオリックス戦(メットライフドーム)に先発。中5日で24日のロッテ戦(ZOZO)の先発も予定されており、負けない助っ人右腕がフル回転で頂点に導く。

 「アメリカで胴上げの経験はない。優勝したときはみんなで(倒れ込んで)重なり合うことが多かった。日本で経験できるのは、楽しみだし待ち遠しいね」

 2軍再調整明けの6月20日の中日戦(ナゴヤドーム)で白星をつかむと、不敗神話を紡いできた。先発した試合はチームが11連勝中で自身も9連勝。1988年に郭泰源がつくった10連勝のチームの外国人記録に王手をかけた。「1年目から大きな記録に並べるのは特別なことだと思う」と笑った。

 優勝マジックこそ出ているが、2位ソフトバンクとは1ゲーム差。残り8試合でマジック8と勝ち続けることが求められる。「重要な試合が続くけど、プレッシャーをかけることはしていない。(西武は)1位にいるので2位のチームの方がプレッシャーがあると思う」と平常心を強調。17日もメットライフドームの先発投手練習でリラックスした表情を浮かべていた。頼もしすぎる助っ人が勝負の7連戦の最初と最後を飾る。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ