ソフトバンク、正念場で痛すぎ3連敗 2ゲーム差首位の西武はM6

西日本スポーツ

6回無死一、三塁、楽天・渡辺佳のセーフティースクイズで追加点を許した高橋礼 拡大

6回無死一、三塁、楽天・渡辺佳のセーフティースクイズで追加点を許した高橋礼

 ◆ソフトバンク2-6楽天(18日・ヤフオクドーム)

 再三の好機を逃したソフトバンクは3連敗。首位の西武に2ゲーム差に離された。

 ソフトバンクは初回に2点を先制されたが、その裏、グラシアルの安打などですぐに追い付いた。だが2回1死二塁、4回無死二塁、5回無死一塁の好機をものにできず、6回に先発の高橋礼が藤田の右前打で勝ち越され、続く渡辺佳にセーフィティースクイズを決められた。6回途中、5失点で降板した高橋礼は「先頭打者を出すイニングが多く、リズムの悪い投球になってしまった。調子どうこうではなく、チームに流れを持ってくる投球をできなかった。勝負どころでボールが甘くなってしまうのは自分の弱い部分だと思う。大事な試合を壊してしまい、申し訳ない」とコメントした。

 西武のマジックは「6」となった。

PR

PR

注目のテーマ