ソフトバンク武田、右肘検査 工藤監督「今後の状態を見て」

西日本スポーツ

外野でキャッチボールする武田 拡大

外野でキャッチボールする武田

 右肘違和感のため17日に福岡市内の病院で検査を受けた武田が、軽症を強調した。18日はヤフオクドームでキャッチボールなどを行い「大丈夫です。気合です」と笑顔でアピール。ただ工藤監督は「張りがあるみたいなので今後の状態を見てからになる」と慎重な姿勢も見せており、状態次第では予定されている21日の日本ハム戦先発を回避する可能性もある。バックアップ要員として18日には二保が1軍に合流した。

PR

PR

注目のテーマ