ソフトバンク内川、手痛い3連敗もまだ諦めん

西日本スポーツ

6回無死一、三塁、楽天・渡辺佳のバントした打球を本塁へ送球する内川。野選となる 拡大

6回無死一、三塁、楽天・渡辺佳のバントした打球を本塁へ送球する内川。野選となる

 ◆ソフトバンク2―6楽天(18日・ヤフオクドーム)

 内川がネバーギブアップを強調した。先頭打者の2回は美馬のスライダーを左前へ。4点を追う9回は、1死一塁から松井の152キロを逆らわずに右前へはじき返して好機を広げた。

 反撃も及ばず、手痛い3連敗。それでも「(西武が)2連敗と(ソフトバンクが)2連勝で順位は変わる。頑張りますよ」と、頼れるベテランは前を向いた。

PR

PR

注目のテーマ