ソフトバンク首位西武に2差 痛すぎる3失点「勝負シフト」裏目

西日本スポーツ 倉成 孝史

先制点を許した初回の投球を終え、ベンチに引き揚げる高橋礼(撮影・軸丸雅訓) 拡大

先制点を許した初回の投球を終え、ベンチに引き揚げる高橋礼(撮影・軸丸雅訓)

6回無死一、三塁、楽天・渡辺佳のバントした打球を本塁へ送球する内川。野選となる 今後の日程

 ◆ソフトバンク2―6楽天(18日・ヤフオクドーム)

 勝負どころで痛すぎる3連敗…。プロ2年目で11勝を挙げている高橋礼投手(23)が先発したが、初回にいきなり2失点。6回にも追加点を許した。打順を組み替えた打線も好機を生かせない。7連戦初戦の黒星で、西武のマジックは二つ減って「6」となり、ゲーム差は2に広がった。残り8試合。

■高橋礼6回途中KO

 逆転Vのために仕掛けた「勝負のシフト」は、無残に破られた。同点の6回。高橋礼が無死からの四球と安打で一、二塁とされた場面だった。初球から打席の藤田が犠打の構えを見せると、一塁手の内川は三塁封殺を狙うため初球から猛然とチャージ。2球目も同じくダッシュをかけたが、バスターで強打された痛烈な打球が打席のすぐ近くまで来ていた内川の横を襲い右翼線へと転がると、二走のブラッシュに勝ち越しのホームを踏まれた。

 初回に2点を追い付いた打線が2回以降は沈黙していただけに、一点も許せない場面だった。工藤監督は「あそこで勝負をしないといけないという決断でシフトを敷いた」が、結果は裏目に出た。なおも無死一、三塁からは渡辺佳にセーフティースクイズを決められ、これが犠打野選に。その後2死一、三塁からは3番手の嘉弥真が島内に適時打を許し、痛すぎる3失点となった。

 大事な7連戦の初戦を託されながら、6回途中5失点で5敗目を喫した高橋礼は「勝負どころで球が甘くなってしまうのは自分の弱い部分。大事な試合を壊してしまい申し訳ない」とうなだれた。チームも痛すぎる3連敗となり、西武の優勝マジックは二つ減り「6」。本当に、もう負けられない。 (倉成孝史)

PR

PR

注目のテーマ