M6西武、わずか5球で先制 打率トップ森が中前打

西日本スポーツ

 ◆西武-日本ハム(19日・メットライフドーム)

 優勝マジック6が点灯中の西武が、わずか5球の超速攻劇で先制点を奪った。ロドリゲスの立ち上がりを攻め、先頭秋山が初球を右前打。源田は3球目を右前打として一、三塁とチャンスを広げた。打率リーグトップの森が初球を中前にはじき返す先制打をマーク。あっという間に1点を奪い、本拠地は沸き上がった。森は「打ったのはツーシームです。しっかりはじき返すことができたと思います。あの場面、秋山さん、ゲン(源田)さんがいい形でつないでくれたので、思いっ切りいこうと思って打席に入りました。先制点を取ることができて良かったです」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ