西武森が先制V打 初回わずか5球の速攻

西日本スポーツ

1回無死一、三塁、先制中前打を放つ西武・森 拡大

1回無死一、三塁、先制中前打を放つ西武・森

 ◆西武2―0日本ハム(19日・メットライフドーム)

 捕手での首位打者を目指す森が電光石火の先制打を放った。

 初回、先頭の秋山が初球、源田も3球目で右前打を放つと、無死一、三塁からロドリゲスの初球を捉えて中前適時打。「秋山さん、源田さんがいい形でつないでくれたので、思い切りいった。しっかりはじき返すことができた」。わずか5球で奪った先制点で流れを引き寄せ、自身も今季102打点とした。

PR

PR

注目のテーマ