ソフトバンク松田宣1年ぶり8番で先制打

西日本スポーツ

2回2死三塁、先制の中前打を放つ松田宣 拡大

2回2死三塁、先制の中前打を放つ松田宣

 ◆ソフトバンク4―3オリックス(19日・ヤフオクドーム)

 2018年9月20日の日本ハム戦以来、1年ぶりに8番に入った松田宣が先制打を放った。2回2死三塁で榊原の初球をコンパクトなスイングで中前にはじき返した。「初球から甘い球を打とうと思ってスイングしたらタイムリーになった。終盤戦は先制点が大事になると思っていたので打ててよかった」と貴重な一打に胸を張った。

PR

PR

注目のテーマ