現地メディア激減…ムネリン台湾初陣に「楽天余波」

西日本スポーツ

 元ソフトバンクで、台湾プロ野球(CPBL)味全の川崎宗則内野手兼客員コーチ(38)が19日、中国・四川との練習試合(台湾・斗六)に出場。ところが、この試合が「楽天余波」に見舞われた。

 味全のCPBL復帰後初の対外試合。午後1時開始のデーゲームを少なくとも現地メディア10社が取材予定だったが、楽天による台湾プロ野球ラミゴ買収を発表する会見が午前11時から台北であり、半数以上が流れたという。味全は当地の規定でまだ有料観客を呼べないため、試合は入場無料。平日で観衆は約200人だった。

PR

PR

注目のテーマ