2代目満塁男が本領 マジック5西武の森が先制2点打

西日本スポーツ

6回1死満塁、先制の右前適時打を放つ西武・森(撮影・大泉謙也) 拡大

6回1死満塁、先制の右前適時打を放つ西武・森(撮影・大泉謙也)

 ◆西武-楽天(20日・メットライフドーム)

 優勝マジック5が点灯している西武の森友哉捕手(24)が、先制の右前2点打を放った。緊迫した投手戦が続く中、6回1死満塁。先発塩見に2球で追い込まれたが、ファウルで粘り、7球目を一、二塁間にはじき返した。「打ったのはスライダー。チャンスだったのでとにかくランナーをかえそうと思って打席に入りました。抜けてくれと思って走りました」と喜び、一塁ベース上で何度も手をたたいた。これで満塁機は14打数8安打と脅威の打率5割7分1厘で打点30。中村に負けない「満塁男」ぶりを発揮している。

PR

PR

注目のテーマ