好調・伊東翔貴が3連続Vだ ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(7レース制。A級1、2班戦)は準決3番をメインに展開した。

 最初の5Rは、藤原俊太郎が鐘4角5番手から三好恵一郎を捲るも、横関裕樹が藤原後位に追い上げる形から直線伸びて快勝。

 続く6Rは、中嶋宣成と宗崎世連が踏み合う流れに発展。単騎で5番手の榎本光男が、その真後ろから仕掛けた橋本瑠偉に合わせて捲って1着。

 ラストの7Rは、高倉俊宏を出して3番手の伊東翔貴が2角捲り。2着は三住博昭がきっちりと流れ込んで人気サイドの決着となった。

 最終日のハイライト7R決勝は、伊東が豪快パワーで3場所連続Vを狙う。


【7R・決勝コメント】
(1)伊東翔貴 (3番手は)想定外の流れだった。それでも力を出し切れたので良かった。セッティングを戻して悪くない。自力。
(2)橋本瑠偉 仕掛けるタイミングが悪くてラインで決められなかったのが…。脚の状態はいい。自力。
(3)藤原俊太郎 三好さんの3番手が取れれば良かったけど。動きが中途半端でした。三住さんがつけてくれるし、自力で頑張る。
(4)三住博昭 山本(巨樹)君が狙ってくると思ったし、しのげて良かった。調子の善しあしよりも、眠いよね(苦笑)。藤原君。
(5)横関裕樹 ゴチャつけば仕掛けるタイミングがあると思っていました。脚の感じも悪くないですね。橋本君や藤原君もいるけど、動けるうちは自力で。
(6)榎本光男 流れにうまく乗れましたし、力を出し切ることができた。この相手で勝ててうれしい。決勝も流れに乗って自力。
(7)三好恵一郎 腹をくくって先行したけど、ちょっと距離が長かった。3着で決勝に上がれて良かった。初日と同様で伊東君に。


<各レースの見どころ>

 (1R)88点の山田が後ろなら、臼井はロングスパートも考えるはず。
【3連単】1―5=347。


 (2R)連続7着の斎藤だが、レースはしている。本命は後ろの金子。ラモスには近藤が付ける。
【3連単】1―257―257。


 (3R)調子の良くない別所だが、矢田がドカンと行ってくれれば。
【3連単】1―7―235。


 (4R)夏目は「後ろが誰であってもコメントは先行」と格好いい。マーク高橋が恵まれる。
【3連単】1―7―234。


 (5R)ライン3車の中嶋が逃げまくる。山本は単純な自力タイプにあらず。流れで好位狙いも。
【3連単】2―4―137、2―1―347。


 (6R)大敗続きの宗崎が最終日こそスカッと。隅は踏み出しに付いて行けるかが鍵になる。
【3連単】1―7―245。隅が離れるなら1―245―245。


 (7R)機動型が多くて難解も、点数上位で車番もいい伊東から狙うのが基本。穴ならスピードある橋本か横関の一発だろう。
【3連単】1―7―235。穴は25―1―34567。
 

PR

PR

注目のテーマ