ソフトバンク本拠地最終戦は黒星 工藤監督「シーズンはこれから」

西日本スポーツ

8回、日本ハムに3点の追加点を許し、浮かない表情の工藤監督(左から2人目)らソフトバンク首脳陣(撮影・佐藤桂一) 拡大

8回、日本ハムに3点の追加点を許し、浮かない表情の工藤監督(左から2人目)らソフトバンク首脳陣(撮影・佐藤桂一)

 ◆ソフトバンク1-8日本ハム(21日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは日本ハム先発有原に7回2安打1点に抑え込まれ、投手陣も8失点。今季の本拠地シーズン最後のゲームを白星で飾れなかった。この時点で西武の優勝マジックは3になり、さらに苦しい状況で敵地の5試合に臨む。

 工藤監督は本拠地最終戦のセレモニーで「我々のシーズンはこれからだと思っています。残り5試合、死に物狂いで一戦必勝の心を持って、絶対に勝つんだ。日本一になるんだという強い気持ちを持って戦います」とファンの前で誓った。

PR

PR

注目のテーマ