ソフトバンク二保1カ月ぶり先発 4回途中3失点

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-8日本ハム(21日・ヤフオクドーム)

 約1カ月ぶりの1軍マウンドとなった二保は先発の役割を果たせなかった。3者連続三振を奪った初回から一変、先頭の中田を歩かせた2回に2点を先制され、4回に適時二塁打で追加点を献上したところで降板した。有原との投げ合いでは致命的な3失点で4敗目。「大事な試合で(2回に)先頭打者への四球から簡単に先制点を与えてしまった。チームに申し訳ない」。丁寧に投げるはずが、四球でリズムを乱す結果となり、唇をかみしめた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ