ソフトバンク加治屋 痛恨の3失点 二保とともに降格

西日本スポーツ

8回2死満塁、日本ハム・平沼に走者一掃の3点打を浴びる加治屋 拡大

8回2死満塁、日本ハム・平沼に走者一掃の3点打を浴びる加治屋

 ◆ソフトバンク1-8日本ハム(21日・ヤフオクドーム)

 8月12日以来の登板となった加治屋が痛恨の3失点を喫した。松田宣のソロで点差を2点に縮めた直後の8回に登板。先頭近藤を四球で歩かせると、渡辺、石井にも四球を与え2死満塁のピンチを招く。8番平沼に右中間への走者一掃の三塁打を浴び、5点差に広げられたところで降板した。反撃ムードに水を差す投球に「2点差ならどう転ぶか分からなかった。申し訳ない」と反省しきり。試合後、二保とともに22日に出場選手登録を抹消されることが決定。代わりに椎野と田浦が昇格する。

PR

PR

注目のテーマ