渋野V憧れのエースが「上野効果だと言って」

西日本スポーツ

 ◇国内女子プロゴルフツアー デサントレディース東海クラシック最終日(22日)(新南愛知CC美浜コース)

 大逆転優勝を決めた渋野日向子をソフトボール女子日本代表のエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)が祝福した。上野はソフトボール少女だった渋野が憧れている存在で、2人は7日に初対面したばかり。優勝の一報を報道陣から伝えられた上野は「すごい! ぜひ『上野効果』だったと言ってもらいたい(笑)」と喜んだ。

 2人はテレビ番組の対談企画で語り合い、上野は「スマイル・シンデレラ」と呼ばれる渋野の「笑顔」というキーワードに感銘を受けたという。

 「私は入りこんじゃうタイプだった。笑顔を意識することで、心の余裕が持てたりするのかな、うまく使えばすごくプラスになるのかな、と思った」

 年齢は17歳違うが、互いに勝負の世界に身を置く立場。「いい刺激をもらえた。話ができてよかった」と感謝する。

 上野も対面翌日に日本リーグの試合でノーヒットノーランを達成。22日も高崎市で行われた太陽誘電戦で7回途中を被安打1、無失点の快投だった。ともに東京五輪での金メダルを目指す同志へ、「逆転優勝、おめでとうございます。自分のペースを崩さず、自分らしく頑張ってください」とエールを送った。

PR

PR

注目のテーマ